●関西菌類談話会のホームへ

関西菌類談話会 活動の紹介

 関西菌類談話会は、きのこ、かび、酵母などの菌類に興味を持ち、自然に親しみ、自然を大切にしようとする人の集まりです。
 会員には、きのこ、かびなどの専門家もおられますが、中学生、高校生、大学生、大学院生、会社員、公務員、主婦などいろいろな方が参加されています。
 専門家もアマチュアも共に学ぶ事ができるのが本会の良いところです。
 本会の発足は、1958年(昭和33年)で、京都大学農学部の浜田稔先生(故人)のご提唱によるものです。

2003年7月6日に行われた奈良県橿原市での観察会の様子です。


2001年7月22日に行われた大阪府箕面での観察会の様子です。
採集されたキノコの同定会です。似た仲間をグループに分けて
置いてもらうために「仲間分けカード」を立ててみました。


2003年4月19日に大阪市自然史博物館にて行われた顕微鏡講習会の様子です。


2003年12月7日に京都新聞社の会場にて行われたスライド大会の様子です。
今回からスライド写真に加えて、新しくビデオプロジェクターを用いてのプレゼンテーションが出来るようになりました。


●関西菌類談話会のホームへ

Copyright (C) 2000 KMC All rights reserved.